ピッコリーナのガウガウ日和


ボーダーコリーのピッコリーナとダップーのマーグと飼い主の日常
by piccolina0811
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事

カテゴリ:旅行( 9 )

アメリカに行ってきました

5月の総括として...ってまだ残すところ10日ありますけど、旅行の備忘録を作らないと
思い出がどんどん頭の中から消えそうなので、まずは第一弾。

出産前のあがき!?でしょうか、これから当面(1-2年)は長距離移動の旅行なんて
到底ムリと思われるので、妊婦6ヶ月の安定期にアメリカに行って参りました~

さて、ここはどこでしょう?

c0033202_114599.jpg

[PR]
by piccolina0811 | 2008-05-20 11:49 | 旅行

夏も終わり?

大阪も最近は秋風が吹いて、朝の出勤時には
ヒンヤリとした風を感じる事が多くなりました。

私はそんな季節の変わり目を感じるのが好きです。
特に、夏から秋にかけての、このヒンヤリ風は
匂いにも敏感にさせてくれます。

今朝、電車の中はいつも通りに冷房が効いていた
のですが、どことなく空気が澄み切っているような気が
しました。これが私の言う、ヒンヤリです。

そして、そのヒンヤリは近くに座っていた女性の香水の
匂いを運んできてくれました。

たまたま、いい香りの香水だったのと、そしてこのヒンヤリが
交じり合って、昔、アメリカに一人で始めて行った頃の事を
思い出させてくれました。シアトルの朝はヒンヤリとしていて
木々の香りがいっぱいしました。あの香りを嗅ぐと、私の
心はリフレッシュされるようです。元気になれます。

あぁ~懐かしいなぁ、と思いながら、車内では現実に
引き戻され、またいつもと変わらぬ生活を送ります。

この季節の変わり目を感じ取れる朝の瞬間を、あともう
暫く堪能できそうです。
[PR]
by piccolina0811 | 2005-08-29 15:43 | 旅行

白樺の恵み?

さて、いつも長野から福井に向かう道中では、必ずといっていいほど、
目に付く「道の駅」に寄ってしまいます。

もっぱら、ご当地ソフトクリームを食べる!というのが楽しみなのですが、
今回は長野のお土産を物色していた際に見つけた珍しい飲み物を
買いました。

白樺の樹液....
c0033202_0383739.jpg



喉が渇いていたので、お茶を探していて見つけたのですが、180mlの
ガラスのボトルに入っている飲み物が420円もするのです。

説明書を読むと、白樺が育つための樹液を採取したピュアな樹液水との
事で、興味津々の私は180mlでは喉の渇きは潤せないことを承知の上で
買ってみました、

味の方は、うっすらと甘くてサラっとした飲み心地。
これが樹液なのね!?...といった感じですが、後味もよく、おいしく頂きました。

後日、ネットで調べるともう少し安い値段で手に入るようです。
原産地は北海道で、この樹液水は天然のサプリメントと言われて、
非常に栄養価が高いようです。美容にもよいとのこと....

これでお肌に効くのであれば、一度ダース買いしてみようかしら?
と思うくらい、私的にはヒット商品です。
[PR]
by piccolina0811 | 2005-08-19 00:39 | 旅行

大地の恵み

日本ではお盆休みの中、私も1日だけ会社を休んで
(うちの会社にはお盆休みという概念がなくて、夏休みを
7-9月の間の好きなときに取れます)、長野と福井の両親の
田舎に行ってきました。

ともに1日の滞在で、短い間でしたが、今回はいろいろと
楽しいことがありました!

その中の1つとして....

長野の親戚の叔父さんの家に行った時のこと。

いつも遊びに行ってはおいしい自家製のお野菜で作ったお惣菜を
振る舞ってくれる叔父さん夫妻。あんまりにもおいしくて
そしてお庭から見える畑に興味を持った私は畑をウロウロ...

すると、好きなだけとっていいよ~との事。
私達が来るまで、収穫を待ってくれていたんですって...

というわけで、小さい頃はよく長野の親戚の家の畑で
収穫をしていたけど、大人になって久しぶりに畑の中を物色。

私も大都会の真ん中で、ベランダで「な~んちゃって園芸」を
していますが、やっぱりプランターで育てているものとは、
生きる力が違いますね。大地に根を張って、たくさん実をつけて...

それらを有難く収穫しました。
(ゴーヤ、トマト、プチトマト、青唐辛子、ししとう、ハバネロ、水ナスなど等)
c0033202_027978.jpg



これ以外にもスーパーの袋にいっぱいの茗荷、青シソで作ったお味噌、
畑でとれたトウモロコシなど等を頂いてしまいました。

あぁ~、やっぱり長野って好きだなぁ~。
小さい頃は両親が仕事で忙しくて、長野の親戚の家に預けられる事が
多かった私は、基本は長野っ子です。(密かに田舎の町では、
私の事を覚えてくれている地元の人も多いんです。有難いです)

ほんの短い滞在時間でしたが、お祖母ちゃん、親戚のみんなに会い、
そして長野の空気を吸えて楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
[PR]
by piccolina0811 | 2005-08-19 00:26 | 旅行

福井~金沢~長野の旅。その2。(5月2日~4日の出来事)

夜遅く福井を発ち、北陸自動車道から名神、そして中央自動車道を
走って、恵那サービスエリアで車中泊をしました。
でも、寝れたのは3時間ほど。狭くてエコノミー症候群になりそうで、
サービスエリア内を散歩したりしてました。

結局、朝の6時過ぎには恵那サービスエリアを出発し、一路、
父の田舎の長野に向かいました。

田舎の親戚は、こんなに朝早くから来るとは思ってなかった
でしょう...毎度毎度、お騒がせのピッコリーナ一家です。

朝食兼昼食を、地元で有名なお蕎麦屋さんで食べ、
親戚の家では、山から摘んできた山菜をたらふく食べ、
ピッコリーナ一家は幸せでございました~。

無事、お墓参りを済ませ、そして親戚の家に戻ってお茶を飲み、
お菓子を食べ、お土産にたくさんの山菜をもらって、大阪には夕方に
帰って来ました。

釣りで疲れがピークの父は、車内では寝る!に徹してました。
お陰で、今回のこの2泊3日の旅行では、ほとんど私が運転
しました。走行距離1300キロ....疲れました。

ピッコリーナもさすがにお疲れ気味。
家に帰ってきたらそそくさと飼い主のベッド上に上がって、
熟睡です。
↓飼い主の声も聞こえてません。
c0033202_1327116.jpg


[PR]
by piccolina0811 | 2005-05-14 13:30 | 旅行

福井~金沢~長野の旅。その1。(5月2日~4日の出来事)

ピッコリーナ家は休みが取れると両親の田舎である
福井や長野にお墓参りに行くイベントがあります。
今回も家族の予定を合わせて5月2日~3日の
1泊2日で福井と長野に行くプランを組みました。

いつもは親戚の家にピッコリーナも一緒に泊めて
もらうのですが、今回はピッコリーナ父がどうしても
福井で釣りをしたい!という希望があったので、
ピッコリーナ一家は初めて「ペットと泊まれる宿」を
1ヶ月前から予約してました。

釣りは5月2日の13時から船に乗って行うことに
なっていたので、それまでにお墓参りを済ませる、
という予定を考えて大阪を出発したのは朝の6時。

ゴールデンウィークの最中でもカレンダーの上では
平日だったので、高速道路で目立った渋滞もなく、
途中サービスエリアに寄ってピッコリーナ一家は
朝食を済ませ(もちろんピッコリーナも)、現地に到着
したのは朝の9時半。結構、早く着きました。

順調にお墓参りを済ませ、今宵の宿である「白浜荘」に
たどり着いたところ、ショックなニュースが...

女将さんが父に言った言葉が、
「今日は海がしけて、船が出せないのよ...」

父の落胆振りは凄まじく、見ていても哀れでした。
福井出発直前まで釣りのみの準備を行い、そして
出発前日に私達、家族に言った言葉は....

「今回の旅行で、家族みんなの荷物は最小限にするように..」

車の中に釣竿数本、クーラーボックス(2つ)、バッテリーなどを
積み込むので、私達の荷物は少なくするようにお達しを
出してきたのです。

そんなヒドイ父にも関わらず、母も私も妹も「もう1泊泊まったら」と
言ってしまう程、落ち込みっぷりはすごかったのです。

でも、翌日(3日)からはゴールデンウィークの後半が始まるのです。
さすがに宿も満室で...出た結論が「車中泊」でした。
この年になって、そして先日テントを買ったばっかりなのに、
車中泊とは....なんて皮肉な。

そんな状態でもお気楽なピッコリーナ一家は予定が狂って
2日は暇になってしまったので、敦賀の方まで足をのばし、
松ヶ崎海岸まで行ってきました。
ピッコリーナにとっては始めての海です。
c0033202_12335489.jpg


c0033202_12362347.jpg


敦賀から戻ってきて、旅館での夕食までのひと時は、旅館の
前にある海岸を散策。ピッコリーナにとっては生まれて2回目の
海。砂浜をうれしそうに走っていました。
c0033202_12365881.jpg


c0033202_12373189.jpg


c0033202_1238042.jpg


c0033202_12385885.jpg


↑夜ご飯はカニ三昧でした。丸ごとカニ。カニ刺し、カニ鍋、カニ雑炊...
食べ過ぎて、ちょっと嫌いになりそうでした(苦笑)

翌日、朝食を食べお昼頃までゴロゴロとし、父は釣り船に乗り
釣りへ。そして母と私と妹とピッコリーナは無謀にも金沢に
観光に行くことにしました。

やっぱり、犬連れだとどこにも入れないので、街中をブラブラした
だけでした....
c0033202_12513488.jpg


c0033202_12515677.jpg


c0033202_12521694.jpg


c0033202_12523947.jpg


c0033202_12533100.jpg


c0033202_12532710.jpg



金沢に滞在していた時間は4時間ほど。
再び福井に戻り、釣りを終えた父と合流したら、父は満面の笑み。
海がしけていて、実質本日が釣り解禁日だったそうで、そこで
真鯛を5枚も釣り上げたそうです。
c0033202_1254787.jpg


c0033202_12542616.jpg


その後、旅館に再び戻り、父はお風呂に入ってキレイになった後、
ピッコリーナ一家は無謀にも長野に向かうのでした。
[PR]
by piccolina0811 | 2005-05-14 12:37 | 旅行

無邪気になれなくなった私

先週の金曜日の夜から和歌山に行って来ました。
2泊3日のプチ旅行です。
和歌山には父が釣りのために所有しているマンションが
あるので、そこに寝泊りしました。マンションの大浴場には
温泉がひかれているので、湯治っぽいことも兼ねて(日頃の
ストレス疲れを癒すため!?)きましたが、お風呂も大切だけど
私にとって和歌山と言えば、南紀白浜アドベンチャーワールド
に行く事!になってしまいます。この歳になってもそのプライオリティは
変わらず....幼少の頃からもう何十回も行っている場所です。

アドベンチャーワールドは施設も古くなってきているし、乗り物も
USJやポルトヨーロッパに比べると劣りますが、動物達の生態が
観測でき、そして触れ合えるので、小さい頃から私はアドベンチャー
ワールドが大好きでした。

アドベンチャーワールドで行なわれているイベントの中で、一番
大好きなイルカやオルカ(シャチ)のショー。今回もそれを
楽しみにして行ってきました....

イルカのショーが始まって、クジラも出てきて、そして再びイルカの
ショーが始まって、クライマックスを迎えて...アレレ?オルカは?
あのぅ~、とっても楽しみにしてたんですけど.....施設内に
書かれているタイムスケジュールにはイルカとクジラのショーの
時間は書かれていましたが、オルカの名前はどこにもありませんでした。

帰り際、どうしても気になってしまったので係員の人に聞いたところ....
「3頭とも死んだんです...」

ハッキリ言ってショックでした。オルカのショーが無くなったことが
ショックだったのではなくて、3頭とも死んでしまった、ということが
とても悲しかったのです。これって、寿命とかではないですよね。
人間の勝手な都合で、罪のないオルカ達が死んでしまった、という事が悲しくて....
小さい頃からショーが大好きで何度も足を運びましたが、大人に
なった今、改めてショーを見ると、すごく惨いなぁ、って思いました。
自宅に戻ってからネットでいろいろ調べていたらこんなサイトを見つけました。
野生シャチの捕獲と死亡

ショーが行なわれている裏側にあるイルカが待機している水槽は
直径5メートルほどの水槽で、水質も大丈夫かな?というような
悲しくなる裏側でした....
(オルカが死んだ、という事実を知らなくても、裏側を見ると普通に
大丈夫かな?と思ってしまうような水槽です)

何も誰も責めようとは思ってないんですけど、ただ、見世物とされている
動物たちが幸せにちゃんと暮らせているのか、気がかりです。
アドベンチャーワールドはパンダの繁殖が有名で、世界のどこの動物園
よりも(中国を除く)、パンダの頭数(5頭)が多いところらしく、一昨年も双子の
パンダが生まれたばかりです。絶滅が危ぶまれている動物たちを
研究し、繁殖などに力を入れている活動をしている事は知っていましたが
しかし、その反面、とても可哀想な動物達もいる事を私たちは
知らなければならないな、と思いました。

アドベンチャーワールドのサファリパークには草食動物や肉食動物が
放し飼いにされています。もちろん、狭い檻の中に入るよりかは
まだマシかもしれませんが、環境をもっと考えてあげた方が
いいのかもしれません。

もう無邪気に動物たちを「カワイイ~」とは言えない、
ちょっとブルーな時間でした。

監視員におやつをねだっている?熊たち
c0033202_2132896.jpg



ムシャムシャと笹を食べているパンダ
c0033202_2144042.jpg



一生懸命演技を見せてくれたイルカたち
c0033202_2152725.jpg



アドベンチャーワールドにあるオルカのオブジェ
c0033202_2161538.jpg



オルカのオブジェの近くで、これまたオブジェ?と思ったフラミンゴたち
動かなくて大丈夫なのかな?ぜんぜん動いてませんでした。
c0033202_2172761.jpg



部屋から見た景色....
c0033202_2181765.jpg

[PR]
by piccolina0811 | 2005-04-18 21:14 | 旅行

韓国訪問2日目

昨晩のエステの終了時間が遅かったにも関わらず、今朝の
起床時間は7時でした...プラス、韓国出発前夜は2時間半の
睡眠時間だったのですが、それでも疲れていませんでした。
これって、唐辛子パワー!?

さて、今日は水原(スウォン)という所に行く日。
女三人、気合を入れるため、昨晩、コンビニで購入した朝食を
食べ、そして水原に向かいます。
水原華城に行くのです。

水原華城(スウォンファソン)とは、李氏朝鮮王朝末期に作られた
全長5.7キロの万里の長城のような城郭と、様々な建造物があり
世界遺産に指定されている所です。

私達はまず、地下鉄1号線シチョン(City Hall)駅から次のソウル駅で下車し、
地下鉄ソウル駅から国鉄ソウル駅まで行きました(徒歩2-3分)。
そして、国鉄ソウル駅で水原行き(ムグンファ号)のチケットを購入(日本円で280円)しました。

ムグンファ号に乗って、水原まで30分です。
ムグンファ号以外にもセマウル号でも行けますが、かかる時間は
同じです。違いは車内が豪華版である、との事で値段は600円位
だそうですが、私達は格安版のムグンファ号を選びました。

約280円で30分も電車に揺られる...となると、しんどいかな?
と思いましたが、実は指定席なのです。なので、ゆったり
座れて楽々移動でした。因みに、ソウル発のムグンファ号の
最終地は釜山です。(これにはなぜか感動しました)
c0033202_2349542.jpg


↑これがムグンファ号のチケットです。

さて、10時18分出発のムグンファ号に乗り込み、出発した
私達は、車窓を楽しみながら、車内にいる現地の人たちの
行動にも興味津々。皆さん、カバンの中からおつまみを出して
楽しくお喋りしながら、食べて飲んでましたよ...

でも、疑問に思った事が一つ。
皆さん、食べ散らかしたままなのです。
次の人の事はお構いなし!?
結構、ゴミが散乱してました。

さて、水原駅に到着後、私達は八達門(パルダルムン)に向かうために
バスに乗らなければならなかったのですが、乗り場がなかなか
わからず、水原駅の横にある、観光案内所に早速聞きに行きました。

そこには、日本語のわかる方もいらして、丁寧にバス乗り場と
バスの番号、そして所要時間なども教えて頂く事ができました。

バスの料金は9,000ウォン。日本円で90円です。安いですね。
乗る際は一番前から乗車し、その際にお金を払います。

さて、バスに乗車しましたが、座席がなかったので、
立つ事にしましたが、韓国3度目の妹から「韓国のバスは空を
飛んでいるようなので...」と聞いていたので、しっかりと
吊り輪を握りしめていたのですが、吊り輪だけでは足りませんでした。
目に見える支え棒はすべて握り締めておいたほうがいいです!
という位に運転が乱暴です。急発進、オーバースピード、急停車で。
これは子供やお年寄りの方には大問題だな、と思いました。
なので、自然と子供やお年寄りや体の不自由な方に座席を
譲らざる得ない状態になります。

そんな空飛ぶバスに10分ほど乗って、八達門のバス停で下車
しましたが、目の前は繁華街で、どこからも世界遺産の雰囲気は
感じ取る事ができなかったのですが、よ~く目を凝らして道路の
標識を見ると、八達門の行き方が書かれてあり、それに従って
歩きました。

10分くらい歩くと...目の前に八達門が見えてきました。
c0033202_23502539.jpg



どうも、この辺り一帯が水原華城の城郭がはじまりのようです。
↓目の前のコンビニで飲み物を確保し、水原華城の散策が始まりました。
だって、坂道が凄いんです。手ぶらでは危険な香りがしていました。
c0033202_23513687.jpg


↓坂を登りきったところから見た景色。気持ちいい~。
写真をよ~く見てみると、右下にコンビニが見えますが、
あそこで飲み水を確保!です(笑)。
c0033202_23523131.jpg


↓この建物は護衛の人たちの休憩場所だったそうな...
c0033202_23531674.jpg


↓永遠に続くの!?と思ってしまいます。
c0033202_021037.jpg


↓城郭も文明と融合して、下は道路が通っています。
c0033202_023870.jpg


↓奥に見える建物は東将台(トンチャンデ)です。兵士を訓練したところです。
上の写真に見えますが、ふもとには韓国式弓道の練習場があります。
c0033202_03324.jpg



2時間ほどブラブラと歩き、最後に市場に戻ってきました。
で、水原といえば、カルビ発祥の地。
カルビのおいしいお店を見つけるために、市場の近くの
観光案内所に行きました。

さすがに日本語は通じないよなぁ~、と思っていたのですが
初老の男性2名が日本語が話せる、との事で、「おいしい
カルビのお店を捜しているのですが...」と質問すると、
一人の男性が、電話をし始め、そして電話を終えた途端に
私たちに「今、迎えがきますので...」との事。

ア然。

「ぼったくられる店に連れて行かれる?」
そんな事を頭の中で考えてしまいました。
そして、私は即座に
「お幾らくらいのお店ですか?」
「お迎えというのは、タクシーですか?」と聞いたのですが、
値段は2500円くらいで、送迎は無料とのことで、
半信半疑ではあるものの、迎えの車に乗ることにしました。
(母と妹が怖いもの知らずで、気が付けば迎えの車に乗っていました)

さて、結果はと言いますと。。。

これが結構大当たりでして...
韓国のローカルのお店で、日本人は誰一人も居ませんでした。
なので、情緒たっぷりで、おいしく、楽しくカルビを頂きました。

c0033202_23541220.jpg


店の名前はHWASEONG SOOTHBUL KARBI(華城炭火カルビ)です。

そして、帰り際にはコーヒーのサービスに、そして水原駅まで
再び車で送ってくれたので、バス代が浮きました。ラッキー~!

水原駅にはデパートがあり、そこの食料品売り場でおみやげ物を
たくさんゲットしました。

帰りもムグンファ号でソウル駅まで行きました。
すべては順調に、夕方にはホテルに戻り、夕食の下調べを始めました。

で、今宵の夕食は...冷麺がとてもおいしい!と言われている
南浦麺屋(NamPo MyunOak)に行きました。
冷麺以外に有名な肉盆鍋は少し高価だったので、私たちは
辛いモツ鍋を食べる事にしました。あと、冷麺とビビン冷麺も...

いやぁ~、美味かったっす。
辛かったけど、食欲が湧く辛さで、おいしく頂きました。
妹が注文したビビン冷麺は私には少し油っぽかったけど
でも、おいしかったです。

というわけで、おいしくご飯を食べて、ホテルまでの帰り道の
スタバでコーヒーを買って、ホテルに戻り、2日目は終りました。

韓国訪問記の内容の大半が食べ物ばかりでスンマセン...
最後に、夕食前にロッテ百貨店のケーキ屋でゲットしたチョコケーキ。
c0033202_05579.jpg


母が甘いもの食べたい~、と言うので、夕食後にホテルで食べました。
恐ろしい親子やわ。
[PR]
by piccolina0811 | 2005-03-08 23:58 | 旅行

韓国訪問1日目

韓国に旅行にしてきました。
生まれて始めての韓国です。今回は母と妹と一緒に
行って来ましたが、母は2回目、妹は3回目の訪問でした。

旧正月明けの格安の時期を狙っていたので、仕事を
3日も休みましたが、いい気分転換になりました。

ただ、出発前夜まで仕事のため、荷造りなどの準備に
手間取り、結局、前日は2時間半しか眠れず、朝の7時過ぎに
私の運転で関空まで行きました。そんなわけで、出発する
間際まで、テンションは低かったです...

今回の旅行は数あるツアーの中でも冬ソナや韓流に
触れていない、そしてオプションなどもついていないものを
選びました。(但し、仁川空港到着後に現地ガイドに
ピックアップしてもらいホテルチェックインまでに免税店に
立ち寄りますし、帰りの際もお土産屋さんには連れていかれますが
買わなければ問題ありません)

旧正月明けである為か、日本人のみならず、中国の旅行者も
関空でたくさん見かけました。朝の8時過ぎに関空に着いたものの
すでに混雑しており、チェックインに結構な時間が掛かりました。

関空で出国後、母と妹は免税店で早速買い物をしていました。
理由は「韓国の免税店になかったら困るから...」という事です。
そんなわけで、韓国に着く前に、すでに両手にたくさんの荷物を
抱えての旅行となりました。

今回、利用した航空会社はJAL(日本航空)でした。
本当はKAL(大韓航空)を利用して、少しでも早く韓国に到着
したかったのですが、KALの便はすべて満席で、旅行会社では
手配できず、結局JALのソウル(仁川空港)に一番早く到着する
便で行きましたが、結局30分ほど出発が遅れ、仁川空港に
到着したのは13時頃でした。(因みに、機内食はお菓子と
飲み物だけだったので、韓国に着いた時点でお腹がグゥ~
グゥ~鳴っていました)

仁川空港に到着後、ガイドの朴蓮花さんにピックアップしてもらいました。
ちなみに、発音は”パク・ヨンハ”だそうです。あの冬ソナに出ていた
パク・ヨンハとは漢字は異なりますが、発音は一緒だそうです。
気さくないいおばちゃんでした。

仁川空港からは一路、東亜免税店に連れていかれました。
これはホテルが15時からチェックインになっているため、時間調整を
しているんだと思いますが、苦にはなりませんでした。ある意味、
免税店での物価を知ることができたので、なかなか良かったです。
1時間少々、免税店での自由時間を与えられたのですが、私達は
必要最低限の物のみを購入し、そそくさと外に出て、免税店前の
お店に入り、腹ごしらえをしました。(お店の名前は忘れました)

c0033202_23295647.jpg


写真は私が食べた豆腐チゲです。これで3500ウォン。
日本円では350円です。

c0033202_23311244.jpg


付き出しのキムチなどは食べ放題でこの値段です。
入店直後はお店の雰囲気にビビってしまい、出されるお水をのどが
乾いているにも関わらず、飲む事を躊躇いそうになりましたが、
唐辛子で殺菌効果があるかな!?という、何とも楽観的な考え方と、
また飲まずにはおられない、唐辛子の辛さで、結局出されたものは
全て美味しく頂きました。

もちろん、お腹も一杯です。結構、当たりでした。幸先の良い
スタートでした。

その後、ホテルにチェックインしましたが、すでに夕方の4時を
回っていたので、とりあえず南大門市場に行き、狙っていた枕カバーを
購入し、その後、地下道にあった海苔巻のお店で海苔巻を購入し、
そのままロッテデパート内を散策し、地下のデリでおかずを調達し、
その日はホテルの部屋で女3人食事をしました。
というのも、夜の21時からエステに行く予約を入れていたからです。

南大門市場の帰り道の地下道で、キムパプ(海苔巻)屋を見つけたので
つたない韓国語で海苔巻2本をオーダーしました。
アジュマ(おばちゃん)は気さくな人で、融通を利かせてくれ、2種類の
海苔巻を作ってくれました。〆て6,000ウォン。日本円で600円です。
c0033202_23315431.jpg


ロッテデパートでは量り売りでチャプチェやサラダ、フルーツを購入
しました。これは結構、重かったので、全てで2,500円位かかりました。
c0033202_23323159.jpg


夕食後、母と妹は軽く仮眠をしていましたが、前日2時間半しか
寝ていない私はテンションが高くなり、眠れず、明日の下調べをしたり、
結構忙しかったです(苦笑)。

さて、今宵のメインイベントであるエステですが、21時にホテルのロビーに
運転手さんに迎えに来てもらい、私達はいそいそとエステに出向きました。
(車での送迎です)
因みに、エステと言っても、汗蒸幕(ハンジュクマク)、その他サウナ2種類、
漢方風呂2種類、泥風呂、泥パック(全身)、牛乳風呂、垢すり、
オイルマッサージ、そしてオプションでつけたヨモギ煙浴と石膏パック(顔面)の
コースです。基本料金は80,000ウォン。日本円で8,000円です。
オプションは日本円で7,000円でしたので、トータルで15,000円のコースを
受けました。

エステで色々とオプションの話を聞いていると、どうしても受けたくなって
しまったので、結局高くつきました...

でも、汗蒸幕は本当に気持ち良かった~。

麻袋を頭からすっぽりかぶって、松の木を燃やした石釜のサウナでしたが、
ジワジワ、ポカポカ体が温かくなり、汗をかいていきます。体に負担を
かけないのですご~く気持ちよくなる事ができます。あと、ヨモギ煙浴も
すご~くいい香りに包まれながら、洋式便所のような穴のあいた椅子に
座って、首から下まですっぽり布に覆われながら、穴のあいた椅子から
乾燥したヨモギが焚かれます。
このヨモギ煙浴って、はじめは余裕だったんですけど、ジワジワとくる熱さに
お尻がヤケドするのでは?と思っていたのですが、大丈夫でした。

それにしても、いろいろなサウナに入ったので、都度、水分補給していた
のですがヨモギ煙浴が予想以上に長時間で、マジで脱水症状になりそうでした。
身動きがとれないので、担当のおばちゃんに水が欲しい!と訴えたのですけど、
丁度、韓国で一番の人気ドラマ「悲しき恋歌(邦題)」がTVで流れていたの
ですが、おばちゃんはそれに夢中で...すぐ用事を忘れてしまうようで、
困りものでした。

まぁ、私も言葉はわからなかったものの、見入ってしまったので、
別にいいのですが...(余談:この悲しき恋歌というドラマはまだ韓国で放映中なんですが、
放映終了直後に、フジテレビで放映が開始されるとか...見てみよう!)

エステで気持ちが良かった順位は:
1位. 汗蒸幕
2位. 石膏パック
3位. ヨモギ煙浴
...です。

垢すりはわたしにとって、生まれて初めての経験だったので、どうも肌が負けて
しまったようです。ブツブツができてしまいました...(悲しい)

結局、エステは3時間ほどかかりました。
ホテルに戻ってきたのは12時過ぎでした。

ノーメーク状態ではありましたが、部屋に戻る前に、コンビニに寄って、翌日の
朝ごはんを調達しました!とうもろこしのパン、キムチ入り!?おにぎり、
アロエジュースやトマトジュースなどです。
(↓韓国のトマトジュースは砂糖が入っていて、超甘いっす!)
c0033202_23331010.jpg


韓国2日目は、水原(スウォン)に行く予定なので、この日はこの辺で終了!
韓国初日の夜の風景です。(市役所前)
c0033202_23334987.jpg


最後に、韓国についてのお役立ちサイトSeoul Naviは本当に役立ちました!
[PR]
by piccolina0811 | 2005-02-26 23:28 | 旅行


* リンク *
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧