ピッコリーナのガウガウ日和


ボーダーコリーのピッコリーナとダップーのマーグと飼い主の日常
by piccolina0811
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事

内職

日曜日は小さいものを、あるところから剥がす作業を
2時間ほどしておりました。私はこれを内職と呼びます。

この秋、何度この内職をしたことか...
一人では埒があかないときはパタさんを導入してまで
やらなければならない内職...

それは、マーグのからだにくっついた「ひっつき虫」を
取り除く作業。私は総称してひっつき虫と呼びますが
母は「どろぼう」と呼びます。地域で呼び名が異なるの
でしょうか?

今年はアレチヌスビトハギとイノコズチに悩まされました。

昔はオオオナモミというひっつき虫の代表のようなもので
遊んでいた記憶があるのですが、最近は見かけることが少なく
なってきたような気がします。

というか、アレチヌスビトハギとイノコズチが猛威を振るいすぎ。

この日曜日、普段は人が入ることが出来ない場所(山)でフリマが
あったので、そこにマーグと一緒に行ったのですが、ズカズカと
山に入れた私がアホでした。

草むらから出てきたマーグの顔は「ひっつき虫」だらけ。
からだ全体も「ひっつき虫」に覆われておりました。

フリマ会場で商品を見るも何も、ひっつき虫を取るのに一生懸命に
なってしまった私。でも、それでも取りきれず、泣く泣く
マーグwithひっつき虫を自宅に連れて帰り、自宅で取り除く内職を
したのですが...

ゴミ箱には気持ち悪いくらいに「ひっつき虫」が入ってました。

コツは、乾いている毛から取り除くより、濡れた毛から取り除く方が
取りやすいということは今年、判明しました。
※ピッコ姉さんはまだ毛が長いので、取りやすい。マーグの毛は
モコモコとトイプーのようなカール毛なので、取りにくい。

草むらに入れたら悲惨なことになることを承知で入れてしまう
アホな飼い主です。(だって、嬉しそうに駆け回る姿を見ると
ついつい...内職の辛さを忘れてしまうんですもの)
[PR]
by piccolina0811 | 2006-11-15 12:46 | 雑記
<< 何か...? 過酷な... >>


* リンク *
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧