ピッコリーナのガウガウ日和


ボーダーコリーのピッコリーナとダップーのマーグと飼い主の日常
by piccolina0811
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事

執着

人への執着とか、流行への執着などはあまりない私ですが
食べ物への執着はとにかく凄い!凄いというかヒドイ。。。

寝ても覚めても、忘れられない...ということで、去年の
秋にハーブ講習会を受講していた時の先生のお宅で頂いた
栗の渋皮煮が忘れられず、結婚式=>新婚旅行=>お正月=>
春=>夏=>秋...と、1年経っても忘れておりませんでして
今年は自分で作ってみることにしました。

と、言っても自分で作るとは思ってもおらず、渋皮煮を
たべた~い、と思い続けていただけなので、気がつけば
生栗の出荷シーズンが終わりに近づいていまして、
スーパーで見つけた栗もおいしいのか疑わしいのですが
1袋買って作ってみました。

でも、何度も書きますが、自分で作るとは思っていなかったので
作り方を知らず、これまた即席でネットで調べてコツコツと
鬼皮と呼ばれるぶ厚い皮を剥いて、渋皮姿になったコロコロした
生栗さん達を重曹を入れた水でコトコト15分くらい茹でて...
灰汁抜きをして...という工程を3-4回ほど繰り返し、渋皮の
太いところを爪楊枝で取り除き、今度は水のみでコトコトと
茹でて最終の灰汁抜きをして....

フウッ。疲れるびぃ~。

最後は家にあったヨーグルトの残りのグラニュー糖と、普段
使っている三温糖を適当に入れ(レシピの分量はかなり多かったので
砂糖少な目にしてみました)、レミーマルタン X・O エクセレンスという
お酒がこれまた家にあったので(レシピにはブランデーと書いてありました)
これまた適当にドボドボッと入れ、コトコト煮て冷まして出来上がり!

お菓子を作る職人にしてみると、かなり邪道な作り方だと思います。
だって、お菓子は材料の分量が狂うとおいしくなくなる...と
聞いたことがあるので。

翌朝、1つつまみ食いをしてみましたが、初めて作った私が
言うのも何ですが、かな~り美味しい。そしてかな~り上品な味に
なりました。

一つ問題は、これだけ手間隙かけて作ったのに、買った栗が1袋
だったので、あっという間に無くなってしまいそうな気配。

なので、本日ネットで探しましたよ。生栗を!
もう日本は秋から冬にかけて季節が移動しているので、栗のシーズンも
ほとんど終わりなんです。なので探すのが大変でしたが、やっと
見つかり、只今、到着を待っているところです。

というわけで、秋の夜は生栗の鬼皮剥きを頑張ってしまう
飼い主でした。今度は2キロ!

頑張るぞ!

ちなみに、出来上がった渋皮煮は、お茶請けにもいいですし
少し砕いて、バニラアイスに混ぜて食べても美味しいです。

こりゃ、痩せんな。
[PR]
by piccolina0811 | 2006-10-30 12:54 | 雑記
<< この親にして... HAPPY HALLOWEEN2 >>


* リンク *
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧