ピッコリーナのガウガウ日和


ボーダーコリーのピッコリーナとダップーのマーグと飼い主の日常
by piccolina0811
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事

散歩に怪我はつきもの?

今朝、父がチャリンコ(=自転車)でピッコリーナと
散歩していたら、失速したらしくてコーナーを曲がりきれず
こけたらしい....幸い、ピッコリーナも父も大事には至らなかったけど、
どうも父の散歩は危険が多い....

ピッコリーナがまだ幼犬だった真冬の2月に父がピッコリーナと
河川敷を散歩していたときのこと。ゴルフの素振りでもしよう!と
思って、ちょっと練習していた隙にピッコリーナが消えていた....
気が付いたら、1級河川の広々とした川にプカプカと浮いて
泳いでいたそうな。慌てた父は川に飛び込もうか?と思ったらしいが、
真冬の格好で川に飛び込んだら、犬よりも人間が死んでしまう、
と思い、川べりでピッコリーナの名前を呼びつづけ、川にかかっていた
はしごで水面ギリギリまで降りて救出したらしい。
真冬の2月にピッコリーナと父はびしょ濡れで帰ってきました。
当然、家族はそんな父に大激怒。
→それ以降、ピッコリーナは泳ぎたがりません。プールに入れても
お腹がつかないようにジャンプしながら、出てきます。トラウマ?

そんな事件が起こった1週間後、父がピッコリーナを
抱きかかえて帰ってきました。散歩途中、ガラス破片が散乱していて、
それに気づかずに走ったため、肉球のパッドが切れてしまったそうな。
これまた慌てた父はかなり遠い所からピッコリーナを抱いて
帰ってきたそうで、両腕の筋肉をプルプル震わせてました。
病院で診察してもらった所、ピッコリーナの肉球は縫わなくても
大丈夫でしょう...との事だったが、出来たてホヤホヤの傷だったので
縫った方が傷口が早く塞がりやすいので、3針ほど縫いました。

まぁ、散歩していて人間が怪我するならまだしも、ピッコリーナが
怪我をされるとかなりへこみます。なので、走らせる時は、ガラスが
落ちていないか、迷惑がかかるようなことは無いか、などを確認して
から走らせます。

で、今回の失速でこけてしまった父は左ひじに擦り傷と右太ももに
青あざ作ってましたが、消毒して、バンドエイド貼れば済むだけなのに、
男の人ってどうも大袈裟なような気がする....
ネット包帯とガーゼを買って、思いっきり重傷モード。ちょっと笑ってしまいます。

ピッコリーナは大丈夫。ちょっと動揺したみたいだけど、散歩後の朝食に
鶏肉を混ぜてごまかしたら、すっかりいつものテンションに早戻りです。
[PR]
by piccolina0811 | 2005-05-31 23:50 | 雑記
<< もう若くない.... 光回線&無線LAN >>


* リンク *
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧