ピッコリーナのガウガウ日和


ボーダーコリーのピッコリーナとダップーのマーグと飼い主の日常
by piccolina0811
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事

中途半端なやる気

いつからか会社で仕事を終え、自宅に帰宅してからも
メールチェックなどをしては、都度仕事をしてしまっている
自分がいます。夜の貴重な時間を1時間程、これに
充てています。さすがに毎晩だと、精神的につらいので
あえて仕事をしない日もありますが、そんな日の次の朝に
罪悪感を感じるのはなぜでしょう....

今やらなきゃいけない仕事なのか?単なる「仕事してます!」
という態度を見せたいだけなのか?

自分の考えを持って生きてる人、尊敬します。
仕事にしても遊びにしても、私は何でも中途半端なんですよね。
そろそろ、何かに打つ込めるものを見つけたいなぁ...と
思う今日この頃です。

ところで、先週末はTSUTAYAのレンタルが
半額だったので、DVDを3本借りました。
- クリスティーナの好きなこと(キャメロンディアス主演)
- コヨーテアグリー(リーアンライムスの主題歌、主演は知らない人)
- ロスト イン トランスレーション(ソフィアコッポラ監督)

頭を使わずに見れる映画を求めたら↑こんなん出ました。

週末にガツっと見る時間が無いにも関わらず、借りてしまった
私は平日の晩にDVDを見ました。

昨晩、自宅で仕事を終えた後にようやくLost in Translation
見ました。ストーリー展開がどうのこうのではなくて、あの状況を
感じる...(言葉が通じない街で、言葉が通じない人達が本当は
何を言っているのかわからない状況&全てに対する不安)という事は、
昔、私が初めてアメリカに行った頃の事を思い出させました。

映画では日本人が通訳役として、主人公と日本人達の間の
コミュニケーションの仲介をしていたのですが、双方の伝えたい事
なんて、1%も伝え合えていないのでは、と思いました。
ある意味、どんだけ通訳者として勉強されていても、外国の方たちには
不安はつきまとうのでしょうか....多分、そうなんでしょうね。
※ちなみに映画はラブストーリーでした。

そう言えば、私も仕事でソフト開発に携わったときに、
外国からコンサルタントを招いて、開発に取り組んだ事が
ありました。通訳も私がすることになり、あの時は本当に
一秒一秒がしんどかった....笑顔を見せれば済む話ではなく、
物を作り上げて、結果が出る仕事だけに大変でした。
なので、要約せずに1単語1単語を大切に、通訳した記憶があります。

今度、ニコールキッドマン主演のインタープリターという映画が
公開されますね。同時通訳...これも大変な仕事です。上記で述べた
仕事の延長で私は講演会での仕事もあり、同時通訳しなければ
ならない時があったのですが、さすがに訓練を受けていない私にはムリ。
ただ、同時通訳のブースに入って、仕事をサポートしましたが
あの緊張はなんとも言えなかったです。考える間もなく、次から次へと
発せられる言葉を違う言葉に変えていくんですものね。。。

なんだか、タイトルから逸れた内容になってしまいました。
ごめんなさい。
[PR]
by piccolina0811 | 2005-05-20 13:06 | 雑記
<< またまたコストコに.... ただ今....しみじみ中。 >>


* リンク *
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧