ピッコリーナのガウガウ日和


ボーダーコリーのピッコリーナとダップーのマーグと飼い主の日常
by piccolina0811
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事

お金を貯める方法

アメリカの大学でFinanceのPrinciples of Investmentという
クラスを受講している頃、お金の動きや稼ぎ方に興味を
持ちました。当然、その当時流行っていた「金持ち父さん、
貧乏父さん」を読み、アメリカの子供達はすごいなぁ~と
感心したものです。

また、Economyのクラスを受講しているときは、
Federal Reserve Bank(FRB)の事が
大好きになってしまいました。※FRBとは連邦準備銀行です。

というのも、ブルースウィリス主演のダイハード3を見たときに
そのFRBの地下には世界の国々が預けている金塊が
たくさんあるという事を知ってしまったからです。

はじめてニューヨークに遊びに行った時、
自由の女神に行くこと、チャイナタウンに行くこと、
NYUに行くこと、セントラルパークに行くこと..いっぱい
行きたい所のリストを作っていましたが、そのリスト中には
当然ながらFRBも入っていました。

もちろん、念願かなってウォール街に行って
FRBの前で記念写真を撮り、壁をナデナデしてきました。
(今、考えるとアホですけど)

まぁ、単純な私なんですけど、どれだけ投資の勉強を
しても、勝負運のない私にはその世界では生きていけないな、
と思い、株などはやりませんでした。

そんなある日、CNBC局のテレビを見ていると、
カリスマファイナンシャルプランナーのSuze Orman
日頃の生活を少し変えるだけで、お金が貯まる方法に
ついて語っていました。

Suze Ormanのアドバイスは以下のようなものでした。
- 買い物は現金で行なうこと
- もし6ドルのものを買う場合は、お財布から10ドル取り出し
おつりの4ドルはお財布ではなくて、ポケットに入れること
- 次に何かを買い物するときも同じようにすること...
- 家に帰ったら、ポケットに入っているお金を貯金箱に
入れること

アメリカはクレジットカード、小切手の国です。
お財布にはお金は少ししか入っていません。
その根本を変えるのです。

単純ですよね。きっと、無理をせずに実行すれば
自己破産率の高いアメリカでも根本を変えれば
自己破産なども減るでしょうね。

この話を聞いて、単純な私はもちろん実行しました。
アメリカでも実行してましたし、今も実行してます。
さて、気づいたら、私の部屋にある4つの貯金箱すべてが
満杯になっていました。時にはお札も入れておいたので
結構な額が溜まっているはず。

さて、何買おうかなぁ~。
テントでも買うかな!

結局、コツコツと貯めていたお金ですが、使うのは
人一倍早い私です。うまいことできてるなぁ~。

P.S.日本のOLでポケットにじゃらじゃら小銭を入れているのは
恐らく私だけ!?....
[PR]
by piccolina0811 | 2005-04-15 08:30 | 雑記
<< 女性専用車両 安眠のための努力は惜しまず >>


* リンク *
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧